カテゴリ

ログイン

QuizKnock3周年記念座談会、後編です。前編は下のリンクから!

座談会メンバー

  • カワカミタクロウ(以下、川上):QuizKnock立ち上げメンバー。本座談会の進行役。
  • 伊沢拓司(以下、伊沢):QuizKnockの発起人。創設から編集長を務めている。
  • 山森彩加(以下、山森):2017年8月にライター兼編集部として加入。
  • こうちゃん(以下、こう):2017年6月にライターとして加入。2018年1月より編集部入り。

 

人的資源の確保

2017年の夏には、創設当時のPVの2倍、すなわち当時の我々が「いけるやん」と思っていたPVを本当に達成。なんとか戻ってこれたわけだね。

そしてこの頃に、山森さんとこうちゃんが入ってくると。

あと志賀くんもですね。

あれ、このときこうちゃんと志賀くんって何年生?

2年生ですね。

この頃から、先を見るようになったというか、若い力を採り入れ始めたんだよね。育てる余裕があるな、と。

これ以前は「明日何出す!?」って感じでしたからね。育成なんて無理。

「記事無いし今から書くわ!」みたいなね。

でもそれって私が入ってからもしばらく続いてなかったっけ?

連載についてはどうしてもね……。毎週絶対出さなきゃいけないから。

連載で記事数を担保しようとしたのが、首を絞めてましたね。

山森さんが編集部に加入したことで、徐々に「記事の管理」ができる体制になった。それが2017年の秋だね。

ちょうど1年かかったんですね。

そしてこの頃に、さらにライターをたくさん入れた。オグラ神山山本が同時かな?

あと須貝さんも。

そうだね。もともとはYouTubeの出演者として紹介されたんだけど、記事も書いてくださいということに。

この時期調子良いですね。PVも増えて、ライターも増えて……。

手応えをつかんでた頃だね。

YouTubeと合わせて、どんどん伸びた時期でしたね。

やっぱり人的資源を揃えられたのが良かったね。この頃に入ったライターは今やエース級だもんね。

知識で遊ぼう

2018年に入ってからはさらにライターが増えました。YoshidaくんMimoriさん宮原セチですね。

QuizKnockを支えてきたメインライターって感じですね。

「増やせ!」って時期だったからね。とはいえみんな即戦力級なんだよね。

視野を広げて採った、という感じですね。

そう、東大以外からも。宮原なんて「なんか西にクイズ強い奴おるやん」って感じで採ってるし。

Mimoriさんや須貝さんはクイズプレイヤーでもない。

ライターとして採るときに、クイズプレイヤーである必要はないなと。我々編集部が、クイズプレイヤーでなくてもコントロールできる、という自信が出てきた。

そういえばこの頃にはもう、コンセプトが「右脳も左脳もヨロコブ」になってるんだよね。

もうちょっと前からだね。2017年末くらいかな。

「右脳も左脳もヨロコブ」時代のQuizKnock。

今までの「リアルライフ」路線じゃなくて、「知識で遊べる場」としてのQuizKnockになっていた。とにかく「遊ぼう」というのをテーマにしていて、この頃から対象年齢が下がったよね。

そうですね、最初は大学生と20代の社会人をターゲットにしていた。ミレニアル世代ですね。

そうだったのが、YouTubeが伸びたのもあって、高校生がターゲットに入ってきた。そこで「知識で遊ぼうぜ」というスタンスになってきた、という感じだね。

ライターが増えたことで書ける記事の幅も広がったからこそですね。

あと、「右脳も左脳もヨロコブ」といえば、めちゃくちゃ謎解き作ってた時期ありましたよね。

2017年末からだね。謎解きの記事を毎日公開してた頃だ。

これも「遊ぼう」というのと合致してるね。

次ページに続く

1

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

QuizKnock編集部 身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。 大学生ライターとは少し違った視点や内容でお届けできればと考えております。

QuizKnock編集部の記事一覧へ