カテゴリ

ログイン

ついに2016年も最後の月になってしまいました。時の流れは早いものです。

みなさんは今年1年を満足して過ごせましたか? 私は、まだやりたいことが山積みなのに終わってしまった……という気持ちです。1日が60時間くらいになってほしいですね。

年の瀬はイベントも多く、ますます忙しくなってしまうと思われますが、あまり気を張らずに、息抜きをしていきませんか? そこで今日は、季節を感じるものを持ってきました。

それは俳句です。

今回は12月らしいものを中心に冬の季語を集めました。クイズは軽めにして、解説で俳人たちの作品を毎問いくつか紹介しています。

いまの一瞬だけでも、ゆっくりと冬を楽しんでいってください……。

冬を感じられましたか? たった17文字に無限の世界を表現する俳句は、やはり素晴らしい芸術ですね。

この記事を書いた人

鶴崎 修功

つるさき・ひさのり です。東京大理学部数学科の3年生です。 10月19日に放送されたTBS「東大王」にて、ありがたくも優勝しました。 人生における経験を広く含めた「学び」こそが善だと思って生きています。たいそうなことをいいましたが、知ることが好きというだけです。 私と読者の皆さんが一緒に知に触れていけるような記事を書きたいと思っています。

鶴崎 修功の記事一覧へ