カテゴリ

ログイン

イデです。

最近、流行しているチョコレートプラネットのTT兄弟。世の中のTを探している彼らですが、着ているTシャツの形もT。皆さんは「TシャツがTの形をしてのは当たり前でしょ」と思うかもしれません。

でも、YシャツはYの形をしていないですよね。どうしてYの形をしていないのに、Yシャツという名前が付けられたのでしょうか?

由来は「ホワイトシャツ」

実は「Yシャツ」という言葉は、「ホワイトシャツ(white shirt)」が日本語風に訛ったことによって生まれたものです。たしかに言われてみると“white”をしっかり発音すると“ワイ”に聞こえる気がしますよね。

現在「Yシャツ」と呼ばれているものは、明治初期には「白じゅばん」と訳されていました。明治の中期から末期にかけて「ホワイトシャツ」という名称が多く用いられるようになり、大正初期に「ワイシャツ」という名称が定着しました。

語源から考えると、白でない色のついたYシャツは「Yシャツ」とは呼べないはずですが、現在ではスーツの下に着るシャツを総じて「Yシャツ」と呼んでいます。

ちなみに、英語では“dress shirt”と呼ぶのが一般的です。 

おわりに

Yシャツの名前の由来はYの形をしていることではないので、TT兄弟はYシャツからも安心してTを見つけ出すことができますね。

ちなみに、西日本では「カッターシャツ」と呼ぶことも多いようです。関西出身の友人が「Yシャツ」のことを「カッターシャツ」と呼んでいて、こんなところにも地域差が出るんだなと思いました。

参考文献

この記事を書いた人

イデマサト

東京大学1年のイデマサトです。まだまだ未熟者ですが、皆様に面白いと思ってもらえる記事が書けるといいなと思っています。クイズ未経験です。よろしくお願いします。

イデマサトの記事一覧へ