輸出の「輸」は「ユ」ではなくて「シュ」と読んでいた!なぜ?

突然ですが、皆さんは以下の漢字を正しく読めるでしょうか?

 

そんなに難しくない漢字ですから、読めて当然ですよね。では答え合わせです。正解は、

です。

……え? 思ってたのと違う? いえいえ、これらの漢字は、本来はこう読むはずなのです。

誤読から広まった

もちろん、現在では「輸出」「消耗」「堪能」は「ユシュツ」「ショウモウ」「タンノウ」と読むのが一般的です。しかし、これらはもともと誤読だったのです。

漢字は中国から伝わりました。ですから当然、その読みも中国から伝わりました。これを音読みと言います。

しかし、昔の日本人がその音読みを間違えてしまいました。たとえば「輸」は本来「シュ」と読みますが、愉快の「愉」と混同して「ユ」と読んでしまいました。

同様に、「耗(コウ)」は「毛」から「モウ」と、「堪(カン)」は「湛」から「タン」と読まれるようになりました。このような例を「慣用音」などと呼び、現在までひろく使われています。

もちろん、慣用音は現在では正しい読み方として扱われています。冒頭のクイズは、かなり意地悪でしたね。すみませんでした。

参考文献

  • 日本国語大辞典「慣用音」
東大文学部、東大クイズ研のカワカミです。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。