QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

年越しの準備は進んでいますか? QuizKnock編集部です。

QuizKnockでは今年、800本以上の記事をお届けしてまいりました。今回はその中から、QuizKnockライターの投票によって選ばれた、皆さんにおすすめしたい記事を2日にわたってランキング形式で紹介します。

1日目の本日は「クイズ編」です。どんな記事がランクインしたのか、ライターたちのコメントとともにお楽しみください。

ライターが選ぶ!おすすめクイズ記事ベスト5

5位:将来のお墓設計の参考に

「墓」という普段そこまで気にしないテーマ。タイトルを見たら難しそうな気もするが、ちゃんと解けるし、題材としても意外と面白い。

5位はまさかの「墓マイラー入門」がランクイン。特徴的なお墓の外見から、有名人を当てるクイズです。「こんな世界があったのか!」という驚きと、クイズ自体の面白さに票が集まりました。

4位:クイズのネタは現地調達

毎日クイズのことを考えているライターが、旅行に行った記念に作った記事。最近はこういう記事を書くのは難しいけど、コロナが収束した暁には、いろいろなライターのものを読んでみたいですね!

実際に行って得た知識でクイズを作るという、QuizKnockらしさが光る記事。解説もライターの経験を交えたリアルなものになっており、読み応えは抜群です。まるで本当に旅をしているかのような気分になれるので、外出が思うようにできない今こそ読みたい記事ですね。

ちなみに、この【行って作った】というタイトルは、もともと旅好き・Mimoriさんが書いていた #三守旅行 で使っていたもの。こちらもぜひチェックしてみてください。

 

2位タイ:あなたはちゃんと書けますか?

Twitterでの読者とのやりとりから生まれた記事。だからこそ読める・読めないのラインが絶妙で、ドキッとさせられます。

執筆したYoshidaさんのTwitter投稿から生まれた記事。読者の皆さんの声が記事になったという点で画期的でした。

最近はPCやスマホで文章を書くことが増え、文字を手書きする機会がすっかり減ってしまいました。そのせいか「読めるけど、書けない漢字」が増えたように思います。

「かまど」や「けやき」、あなたはちゃんと書けますか?

2位タイ:島の名前は悩むだなも

タイトルがキャッチーで読みたくなる。いや、ン島は誰にも伝わらんて。

2020年に大ヒットしたゲームといえば、『あつまれ どうぶつの森』ですよね。そんな「あつ森」で、最初に立ちはだかるのが「島」の名前を決めること。

この記事では、島の名前に迷える皆さんに、QuizKnockらしく「クイズ」で島の名前を提案します。「解説の最後の一文がどれもクスっと笑えるのもオススメ」とのことなので、解説までじっくり読んでくださいね。

1位:ホンモノ、見分けられる?

画像の加工技術もさることながら、5問目の作問センスに脱帽です。

堂々1位を飾ったのも「あつ森」から誕生した記事でした。この記事の何がすごいかというと、単なる画像加工遊びに終わらず、ちゃんと絵画のテーマについて本質をついた選択肢となっているところ。「勉強になる」、「発想の時点で勝利だ」などの絶賛の声が集まりました。

 

おまけ:隠れた名作

さて、ここからはQuizKnockの「攻めた記事」や「隠れた名作」として人気があった記事をご紹介します。

これゎおもしろい

ゎからん

隠れた名作として人気だったのが、普段の生活ではほとんど見かけることがない「ゎ」が使われている言葉のクイズ。「こんなにニッチなテーマで3問も作れるのか……」という羨望(?)の声も聞かれました。

正解するとソーシャルディスタンスが保てる!

時事ネタにこういうちょっとふざけた乗っかり方ができるのがQuizKnockの素晴らしいところだと思います。1問目から笑いました。

今年の新語・流行語大賞にも選ばれた「3密」。タイトルの出落ちで終わらず、骨のあるクイズになっていることが魅力のひとつです。まだまだ気を抜けない状況が続きますから、ぜひ参考にしてください。


皆さんが好きな記事はありましたか? 今年ならではの記事がたくさんランクインしたので、ぜひ1年を振り返りながら読んでみてくださいね。

明日は「読み物編」をお届けします! そちらもお楽しみに。

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ