「ね~ね~赤ちゃんってどこからくるの?」 子供の純真無垢な質問は、いつだって大人を困らせます。上に挙げた典型的な事例から、まったく突拍子もない疑問まで、ときに大人を楽しませつつ、ときに深く考え込ませます。 しかし。 それは一般的なご家庭のお話。 僕はクイズ王です。 クイズ王という業を背負ったからには、誤答することは絶対に許されません。それは、子供たちが相手でもです。 子供たちの夢を壊したくない! その気持ちは僕にもあります。しかし、真実を正確に伝えるというのが科学的な教育というものです。 やわらかなその顔が、歳に不相応な渋面に変わる様を、心で涙を流しながら見つめることが、僕にとっての教育なのです。
本日は、切りたくもない腹を切り、非常に辛い思いをして、子供たちに真実を告げる予行演習をしました。 子供だからといってナメた回答をするのは、一人の人間として失礼に当たります。みなさんも、これを読んで子供と真摯に向き合ってみてください。 BGMはこのあたりがいいでしょう。コレぐらいの熱量で読んで頂ければ。 どうですか? 子供の疑問、ちゃんと真摯に答えられましたか? 夢を壊そうと、退屈な顔をされようと、正しいことは正しいのです。一緒に、より良い日本をつくっていきましょう!

この記事を書いた人

伊沢拓司

QuizKnockCEO、発起人/東大経済学部卒、大学院中退。「クイズで知った面白い事」「クイズで出会った面白い人」をもっと広げたい! と思いスタートしました。高校生クイズ2連覇という肩書で、有難いことにテレビ等への出演機会を頂いてます。記事は「丁寧でカルトだが親しめる」が目標です。

伊沢拓司の記事一覧へ

連載企画