QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【4~6月期決算で、営業利益が98%の大幅減益となった、「リーフ」「ノート」「セレナ」などのブランドを手掛ける自動車メーカーはどこでしょう。

正解は「日産自動車」でした。

25日、日産自動車が2019年4~6月期決算を発表しました。同社は、カルロス・ゴーン前会長の逮捕などもあって、売上高は前年比12.7%減となる2兆3724億円と低迷しています。

また、営業利益(企業が本業で稼いだ利益)は98.5%減となる16億円と、4~6月期決算としては過去最低となっています。

なお、同社は2022年度までに、全世界で1万2500人規模の人員を削減するとも発表しました。これは、グループ全体のおよそ10%の人員削減となります。

第2問

【現在、世界的に観測されている熱波の影響で、森林火災の相次いでいる地域があります。それはどこでしょう。】

正解は「北極圏」でした。

この夏、北半球のインドやアメリカ、ヨーロッパなどの地域に、熱波が襲来しています。たとえばヨーロッパでは、各地で6月の月間気温が観測史上最高に達しましたが、7月はさらに記録を更新すると見られています。

このような気温上昇の影響で、アラスカやシベリア、グリーンランドなどの北極圏で、森林火災が相次いで発生しています。

6月以降に起きた北極圏での森林火災は、100件以上にもなります。過去にも北極圏で森林火災が発生したことはありますが、この規模は前例がないとのことです。

森林火災は、周囲の気温を上げるだけでなく、大量のCO2も排出します。つまり、地球温暖化が一因であろう森林火災により、地球温暖化がさらに進むことになります。

第3問

【はやぶさ2が小惑星リュウグウに再着陸した地点が、「うちでのこづち」と命名されました。さて、「うちでのこづち」を持った図案で描かれることが多い、七福神の一柱は何でしょう。】

正解は「大黒天」でした。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、小惑星探査機「はやぶさ2」が「リュウグウ」へ再着陸した地点を、昔話『一寸法師』などに登場する「うちでのこづち」と命名しました。

再着陸時に行われた石や砂などの採取により、多くの科学的知見が出て来ることを期待して、このような名前になっています。なお、初着陸した地点の名称は「たまてばこ」です。

ちなみに「リュウグウ」の地名は、「モモタロウクレーター」など「子供たち向けの物語に出てくる名称」をテーマに命名されています。

さて設問ですが、七福神の「大黒天」は、右手にうちでのこづちを持った姿でよく描かれます。

誤答選択肢の「恵比寿」は、釣竿を持っている図案がよく知られています。「弁財天」は、琵琶を持った女性の姿で描かれることが多いようです。

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ