問題の解説

第1問

【冬季五輪で2大会連続銀メダルの平野歩夢選手が、別の競技の日本選手権で優勝しました。2020年東京五輪でも実施される、この競技は何でしょう。

正解は「スケートボード」でした。

スノーボード男子ハーフパイプで、五輪で2大会連続銀メダルを獲得している平野歩夢ひらの・あゆむ選手が、スケートボードの日本選手権で優勝しました。

スケードボードでは大きく「ストリート」「パーク」の2種目がありますが、平野選手が優勝したのは男子パークになります。

スケードボードのパーク種目は、複雑な形をした窪地状のコースで行われます。スノーボードのハーフパイプのように、曲線的な窪地を駆け上がって空中に飛び出した瞬間、トリックと呼ばれる技を行うなどしてパフォーマンスの良し悪しを競う、採点競技です。

なお、今回の日本選手権優勝により、平野選手は東京五輪に向け、今年度の強化選手に選ばれる見込みです。

第2問

【世界最速となる、時速360kmでの営業運転を目指し走行試験が始まった「ALFA-X」とは、どこの国の鉄道でしょう。】

正解は「日本」でした。

JR東日本は、次世代新幹線の試験車両「ALFA-X」の走行試験を開始しました。

「ALFA-X」は、営業運転速度としては世界最速となる時速360kmでの運転を目指した車両で、最高時速は400kmにも達します。走行試験では、地震発生時の停止機能や、車体の揺れや騒音を抑える機能などについて検証が行われます。

「ALFA-X」の走行試験は2022年3月までとなっており、2030年ごろの営業運転開始を目指しているとのことです。

第3問

【陸上の男子100mで、サニブラウン・アブデルハキーム選手が9秒99を記録。さて、日本選手で9秒台を記録したのは、同選手で何人目でしょう。】

正解は「2人目」でした。

陸上の米大学南東地区選手権に出場したサニブラウン・アブデルハキーム選手が、男子100m決勝で9秒99を記録し優勝しました。

日本選手としては、桐生祥秀選手に次いで2人目となる9秒台で、日本記録(9秒98)には及ばなかったものの、2020年東京五輪の参加標準記録には達しています。

サニブラウン選手は現在20歳で、フロリダ大学に在学中です。ちなみに、2015年に開催された世界ユース陸上競技選手権(18歳未満が出場可能)では、100mと200mで大会記録を樹立しています。

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

QuizKnock編集部 身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。 大学生ライターとは少し違った視点や内容でお届けできればと考えております。

QuizKnock編集部の記事一覧へ

連載企画