カバディはインドの国技であるから、君のインド人の友達は、君をカバディに誘う。 「カバディしよーぜ!」などと誘う。当然である。 カバディはインドの魂であるから、インド人は皆カバディを嗜む(日本人が忍術を自在に操るように)。 隣のカレー屋の店主も、向かいのカレー屋の店主も、斜向かいのカレー屋の店主も、皆カバディをしている。 君にも当然インド人の友達くらい居るはずだ(筆者には居ないが)。 そして、その友達はカバディが好きである(日本人が皆柔道を愛するように)。 その友達は君とカバディをプレイしたがっている(日本人が皆宴会に行きたがるように)。 磯野が野球をプレイするのと同じ頻度で、彼らはカバディをプレイする。 中島に野球に誘われるのと同じ確率で、君はカバディに誘われる。 しかし、だ。 カバディに誘われた君は、無垢な瞳を向けるインド人フレンドに向かい、残酷な宣告をしなければならないだろう。 君はこう言うに違いないのだ―― 「カバディって、なあに?」 君の無知は友への裏切りである。友の瞳が潤うことは、君の責任である。 カバディに対する無理解は、インドに対する無理解だ。カバディはインドの誇りだから。 インドに対する無理解は、インド人に対する無理解だ。祖国は友の誇りだから。 ……お分かり頂けただろうか。 君はカバディを学ばなければならない。友情のために、カバディを知らなければならない。 まだ遅くはない。友の涙を無駄にしないために。友の誇りを貴ぶために。 カバディを、今、学ぼう。  
  以上、カバディの大まかなイメージは伝えられたと思う。 カバディのより詳しいルールは、日本カバディ協会のページを参照してほしい。 特に下の動画は必見だ。今までネタスポーツだと思っていたカバディのイメージが瓦解するだろう。 Let's kabaddi!   サムネイル画像 / Via AamerJaved

この記事を書いた人

河村・拓哉

河村です。どうも。日頃は東大クイズ研で各種クイズと戯れています。常識に囚われないことを目標に、日々常識を学ぶ毎日です。良品も珍品も出していきたいと思ってはいるのですが……(記事一覧で実態を確認だ!)

河村・拓哉の記事一覧へ

連載企画