「右に出る者はいない」って、なんで右がえらいの?

「将棋なら彼の右に出る者はいないよ」と言ったとき、普通は「彼は将棋がめっぽう強く、勝てる人がいない」ということを意味します。

つまり、「右=上位」「左=下位」と横並びにして、序列を表現しているわけですね。では、どうして右の方が偉いのでしょうか。

由来は古代中国だけど……

「右に出る者がない」を辞書で引くと「古代中国で、右を上席にしたところから」と注釈があります。古代中国に「右→左」という序列の考え方があり、それが由来になっているというわけです。そういえば、低い地位に落とすことを意味する「左遷」という言葉もありますね。

これにて疑問解決。めでたし、めでたし……と片付けたいところですが、調べているうちに例外が出てきてしまいました。

それは、学校で日本史を学んだ人なら聞き覚えがあるであろう「左大臣」「右大臣」。いずれも律令制度におけるかなり上位の役職なのですが、先ほどの例に反して“左”大臣の方が上なのです。

律令制度も古代中国を手本にしたものですから、左右の優劣が逆になるのは道理が通りません。一体どういうことなのでしょう……?

古代中国も気まぐれだった?

一概に古代中国と言っても、左右の優劣は時代によってまちまちでした。

「新漢語林」によると「中国では、ほぼ周は左を尊び、戦国時代は右を尊び、秦・漢も同じく右、六朝時代には左、唐・宋もこれと同じく左、元は右、明は左を尊び、清に及んでいる」とあります。ややこしいですが、とにかく数百年ごとに左右どちらが上位かは変わってしまっていたのです。

日本はその時々で生まれた言葉をそのまま輸入してしまったため、「左大臣から右大臣に左遷される」みたいなややこしい事態が起きてしまったのですね。

「左翼」「右翼」は?

ちなみに、考え方の違いを表す「左翼」「右翼」は、フランス革命期の国民議会に由来。議長席から見て急進派が左に、穏健派が右に座っていたそうです。

東大文学部、東大クイズ研のカワカミです。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。