※この物語はフィクションです。

明日は都立久井津(くいず)高校の卒業式。3年生のA男は、同じクラスのB子と、卒業式後にデートの約束をしていた。

しかし、A男の趣味といえば、もっぱら近所のゲームセンターに通うことだけ。初めてのデートでどこに行けばよいかなど、まったく分からなかった。

そこでA男は、2人で学校近くの河原を散策しようと考えた。さらに、デート中に会話が途絶えては不安なので、卒業シーズンに使えそうなモテ言葉を、ネットで徹底的に予習したのであった。

そして迎えたデート当日……。

B子「A男くん、さっきから知識をひけらかしてばっかりでつまんない。せっかく卒業式の後に2人で会ったのに、河原を歩いてるだけだし。呼んでもらって悪いけど、もう帰るね……」

A男「そんなあ、ちょっと待ってよ!」

B子「イヤだよ。あーあ、ここで歩いてるくらいなら、ゲームセンターでも行っときゃよかった。

A男「え、B子ちゃんってゲームセンター好きなの?僕も大好きだよ。今から一緒に行かない?」

B子「そうなんだ!じゃあ一緒に行こう!」

こうして2人は、大好きなゲームの話に花を咲かせながらゲームセンターへと向かった。会話がはずむにつれて、並んで歩く2人の距離は、少しずつ縮まっていった。

この記事を書いた人

K. Mimori

慶應医学部卒。元馬術部。知っておくべき知識から意外な雑学まで、様々なジャンルの記事を扱っていきたいと思います。よろしくお願いします。

K. Mimoriの記事一覧へ

連載企画