カテゴリ

ログイン

こんにちは、服部です。

日本円のお札には、様々な工夫がなされています。「そういう話ならだいたい知っているよ!」という方もいらっしゃるでしょう。

では、「お札の端にでっぱりがあること」は知っていますか?

よく見ると印刷されているこの黒い線。存在にすら気付いていなかった方も多いのでは?

理由はバリアフリー

この黒い線は、視覚などに障がいを負った方々が、お札の種類を区別できるようにつけられたものです。

お札の上で指を動かしていくと、黒線の部分だけが出っ張っているような感触があるでしょう。この出っ張りの形状がお札の額面によって異なっていて、お札がどの種類かわかるようになっています。

額面によって形状が違う

千円札には横棒が入っています。
五千円札には正八角形が入っています。
一万円札には、アルファベットのLのような線が入っています。

たとえば、千円札には横棒が、五千円札には正八角形が、一万円札にはL字のような線が入っています。

これらの印は、それぞれのお札の右下・左下の両方に入れられています。みなさんも、目を瞑って財布から取り出して、どのお札か当ててみてください。

それでも使いやすさには欠ける?

実際に触ってみた方は、お札を区別できたでしょうか。すぐに出来たという方はかなり凄いと思います。慣れるまではみなさん苦戦するものでしょう。このほかに、左下のつるつるしたホログラムや、紙の横の長さなどから区別する方法も使われています。

しかし、そうやって触って区別できたとしても、まだまだ不便なことはあります。レジで何枚かお札を出すときに、1枚ずつ指を這わせているのでは時間がかかるでしょう。視覚障がい者の支払いが簡単になるような工夫は、まだまだ足りていないのです。

ユーロはもっとはっきりした違いを作っている

進んでいる諸外国の例を見てみましょう。たとえば、ヨーロッパで使われている「ユーロ」のお札は、種類ごとに大きさが全然異なります。額面が大きくなるほど、お札のサイズもどんどん大きくなります。

5ユーロ紙幣のサイズが最も小さく、200ユーロ紙幣のサイズが最大です。また、両端の斜線が入った部分も、紙幣の額面によって異なる形の凹凸になっています。
使用画像 / Via L'Arnq - Own work based on: European Central Bank

電子マネーというバリアフリーもある

紙のお札の話ばかりしてきましたが、近年では電子マネーのバリアフリー化への貢献にも期待がかかっています。カード1枚、スマホ1台タッチするだけでどこでも支払いができるようになれば、そもそもお札を区別する必要がなくなります。

ただし、こうした便利さを視覚障がい者がスムーズに享受できるようになるにも、それはそれで「カードの種類の区別しやすさ」、「チャージや残高確認のための音声操作」、「多くの種類のカードやスマホを読み取れる端末の設置」といった条件が必要です。

バリアフリーと簡単そうに口にしますが、注意しなければならない点はたくさんあります。紙幣や硬貨でもキャッシュレスでも、支払い手段に障がい者への配慮が加えられていくかどうか、注目していきたいですね。

この記事を書いた人

Kosuke Hattori

東大経済学部4年・クイズ研究会所属の服部と申します。知識も経験もまだまだ浅い青二才ではありますが、学びと発見への新たな入口の1つとしてお手伝いできればと思います。よろしくお願いいたします。

Kosuke Hattoriの記事一覧へ