デートは恋人を楽しませる行為である! オタクはどのようにこれを勘違いし、どのように溺れるか。 私は、迷える子羊、哀れな子豚にとっての、他山の石にならんことを願う。いやマジで。
  どうも。QuizKnockライターの河村・拓哉です。日頃は東京大学で理学部生をやっています。     休日の朝に呼び出された眠たいカワカミです。 自撮り棒を持っていなかったので、カメラ係としてカワカミ君を呼びつけました。 河村さんが自撮り棒を買えば僕の休日はつぶれなかったのでは? 張り切っていきましょう。 僕の休日を返せ。     今日は池袋のサンシャイン水族館に来ました。早速参りましょう。 河村さん。 何? デートの記事なのに女性がいないんですが。 知り合い数人に声かけて誘いましたが、全員から断られました。 まあ確かに、河村さんの人望の無さは異常ですからね。 かなしいね。 まさかこのまま取材続けるんですか? 男2人で? まさか。今回はですね、エア彼女とデートします。 は? エア彼女です。 は?   右側にエア彼女がいます。いるんです!   エア彼女です。僕の隣にいます。エアギターっていう種類のギターがあるじゃないですか。あれの彼女版です。 理解が追いつかないんですが。あとエアギターはギターの一種ではないです。 Don't Think, Feel.
水族館は楽しい。リアルな生がそこにあるからだ。我々は、魚が目の前を泳ぐのを見て、心を躍らせる。 自然から疎外された、映像か料理としての魚にしかに出会わない都会人。彼らが生きた魚に出会えるオアシスは、もはや、水族館だけだ。
では実際にお魚を見てデートしていきましょう。クイズを出していくよ! よろしくねコイちゃん。 エア彼女はコイちゃんっていうんですか。さらっと女の子下の名前で呼ぶのやめた方がいいですよ。キモいので。 やはり生きた魚は見ごたえがありますね。 エア彼女のせいで何も頭に入ってきません。帰っていいですか。 あ、僕の彼女そんなに気になる? 全く興味ないです。 まずね、髪色はピンク 聞いてないのに話すあたりキモいし、ピンクってチョイスがキモいし、まず髪色から話し出すこと自体がキモいです。 ボディコンシャスでスタイリッシュな服を着ています。パイロットスーツみたいな。 もう純粋にキモいです。悪い鳥肌立ちました。
水族館は我々を高揚させる。確かにデートスポットにはもってこいだ。 しかし、この水族館の魔力に、過剰に反応してしまう人間が存在する。 オタクだ。 オタクは水族館に行くと、テンションを上げすぎるのだ。 どういうことかって? オタクは知識欲が旺盛だから、雑学を豊富に蓄えている。そんな人間にウンチク披露の機会を与えてみたまえ。 次のページに続く(1/3)。
1

この記事を書いた人

河村・拓哉

河村です。どうも。日頃は東大クイズ研で各種クイズと戯れています。常識に囚われないことを目標に、日々常識を学ぶ毎日です。良品も珍品も出していきたいと思ってはいるのですが……(記事一覧で実態を確認だ!)

河村・拓哉の記事一覧へ

連載企画