皆さんは、今見ているスマホの画面が、タテヨコ何センチなのか分かりますか? 「5センチの長さの線を引いてください」と言われて、誤差5ミリ以内に抑える自信がありますか? 人間は、身の回りの寸法に対して意外と無頓着です。背の高さや服のサイズ、足の大きさについては分かっていても、その長さを横にしたり、別のものに置き換えたりすると途端に分からなくなるものです。   そこで、身近にあるもののサイズを使ってクイズを作りました。あなたは日常で目にしているモノを、果たして正しく認識できているのか? ぜひチェックしてみてください。 「こんなふうにサイズだけ提示されても、答えなんていっぱいあるでしょ」とお思いの方、意外とそうでもないんです。 クイズにできる程そのサイズが固定的であるもの、規定されているものでないと、そもそも出題できません。つまり、何かしらのルールにより大きさが定められているものか、そもそもたった1つしか存在しないものが答えになっています。 これをヒントとして、ぜひ頭をひねってみてください。   いかがでしたか? 身の回りのものの大きさ、意外と分かっていなかったのではないでしょうか。お札って意外と細長いですよね。 次回は容積でも問題を作ってみようと思います。ぜひ日常で予習してみてください。

この記事を書いた人

伊沢拓司

QuizKnockCEO、発起人/東大経済学部卒、大学院中退。「クイズで知った面白い事」「クイズで出会った面白い人」をもっと広げたい! と思いスタートしました。高校生クイズ2連覇という肩書で、有難いことにテレビ等への出演機会を頂いてます。記事は「丁寧でカルトだが親しめる」が目標です。

伊沢拓司の記事一覧へ

連載企画