こんにちは、オグラです。

今年も終盤になり、入試シーズンが近づいてきました。

数々の入試が行われますが、その中でも最高峰に位置するのが東京大学の入学試験です。とはいっても東大入試の問題が全てが難しいわけではありません。

例えば世界史の第3問では、例年ほとんどの問題が一問一答形式で出されています。一問一答なので論理的思考能力や計算力はいらず、要するに知っていれば解ける問題となっています。(ちなみに第1問は600字程度の記述問題です)

というわけで今回は皆さんに東大世界史第3問に挑戦してもらいます。2009年から2018年の10年分の問題からその年で一番簡単だった(と僕が思った)問題を用意しました。東大合格者は基本的にはここで4問以上落とすことはないので合格点は7点とします。

それでは合格目指して頑張ってください!

センターレベルの世界史にも挑戦して基礎を固めましょう!

この記事を書いた人

オグラサトシ

東京大学経済学部金融学科3年の小倉です。浅学非才の身ではありますが、皆様に珠玉のクイズをお届けしていきたいです。東大クイズ研究会に所属。北海道出身。

オグラサトシの記事一覧へ

連載企画