カテゴリ

ログイン

世界遺産といえば、歴史の教科書に載るような建造物や、雄大な自然が思い浮かぶでしょう。

しかし近年では、「世界遺産をもっと幅広い地域とジャンルに広げたい」というユネスコの意向により、そうしたステレオタイプ以外の物件も増えています。製鉄所、鉱山、運河、近現代建築、先史時代の遺跡などなど……。近年追加された日本の世界遺産を見ても、富岡製糸場、国立西洋美術館、明治時代の産業遺産群と、ジャンルの広がりが実感できるはずです。

 その中でも特別の変わり種で、日本にまだないジャンルが鉄道です。それも廃線ではなく、今日でも現役バリバリの、日々列車が走っている路線です。世界遺産に乗って移動できるのです。

この記事では世界各地の、世界遺産に登録された鉄道たちを紹介していきます。

いかがでしたか? 古い路線と設備が建設当時の姿のまま残っていること、鉄道史上重要なことが主な条件で、山岳鉄道が多いことが分かります。国外なのでハードルは高いですが、私もいつか乗りにいきたいものです。

この記事を書いた人

豊岡

東大クイズ研究会OBのライターです。画像はブータン料理「エマダツィ」です。日本なら福岡ソフトバンクホークス、アメリカならオークランド・アスレティックスのファンです。日常生活では誰にしゃべっていいのか分からずお蔵入りになるタイプの感動を、少しでも記事に落とし込んでいけたらと思います。よろしくお願いします。

豊岡の記事一覧へ