QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

こんにちは、朱野です。

先週まいちさんが発見したアルファベット入りのナンバープレート。まだ見かけたことがないので、これから注目していきたいと思います。わたしも全10種コンプリートしたい。

さて、いただいたご質問への回答です。

残念ながら、わたしは車の運転免許を持っていません。運転できたら行動範囲も広がるし、きっと楽しいだろうなと憧れてはいるのですが、自分に運転のセンスがあるとはとても思えず……自分が運転する車には乗りたくないな、と。アメリカ横断系ロードムービーを指をくわえて見つつ、夢の自動運転の実現を心待ちにしています。

それでは「今週の発見」です。


自宅で某和菓子店の羊羹を食べていたときのことです。「パッケージや説明書に書いてある文字はすべて読みたい派」のわたしは、美味しい羊羹を食べながら、お菓子に同封された商品カタログをめくっていました。

ふと、ある一文が目に留まります。

時間の経過と共に、糖蜜が出やすくなりますが、 開封しなければ、賞味期限後1年は、お召しあがりいただけます

確かに羊羹は賞味期限が長く、保存食にもなるイメージがあります。

ただそれにしても、賞味期限後も1年は食べられるって、めっちゃ長いな……? というかそれなら、単純に賞味期限を長くしたらええんちゃうん……? 

びっくりして思わず関西弁が出てしまいましたが、少し調べてみたところ、

賞味期限は、化学的試験や物理学的試験を行う「理化学検査」、食品中の菌を調べる「微生物検査」、人間の味覚や嗅覚を用いる「官能検査」の三つの試験を通して決められる。

羊羹は、100℃を超える温度で十分に加熱していることや、原材料の砂糖の量が多いこと、パッケージを工夫していることなどから、品質が変化しにくい。

ゆえに「理化学検査」や「微生物検査」では、賞味期限後1年経っても品質の変化はほとんど見られない。

しかし「官能検査」では、風味や食感が弱くなるなど、賞味期限後の品質の変化が認められる。

(出典:羊羹の賞味期限 | とらやの和菓子

ということで、「美味しくお召しあがりいただける」賞味期限は製造から1年としているそうです。

なるほど、科学的には品質に問題がなくても、美味しいと感じられるかどうか最終的に決めるのは、人間の感覚ということですね。

それとも、夢の自動運転が実現する頃には、この検査もAIに取って変わられるのでしょうか――。

室町時代から続く老舗の味を楽しみながら、そんなことを思うのでした。


さて次回は山森さんへバトンタッチです。山森さんへの質問はこちら。

ちなみにわたしは粒あん派です。

過去の「日常の発見」はこちら

この記事を書いた人

朱野

ロンドンの大学院でファッションの研究をしています。日本ではまだまだ馴染みの薄いファッション研究の世界の紹介をはじめ、皆さんに楽しく読んでいただける記事を書いていきたいと思います。ちなみにロンドンにも美味しい食べ物たくさんあります。

朱野の記事一覧へ