4月も終わりだというのに、今年の東京は少し寒いですね。春も半ばとはいえ、湯船に浸かって、ゆっくりと温まりたいものです。

ところで、浴槽のことを意味する「湯船」という表現。違和感はありませんか? 見た目はまあ、もしかしたら船っぽいかもしれないけれど、役割は全く違います。

では何故「湯船」なのか。実は、日本には昔、「湯船」という船が本当にあったのです。

銭湯を運ぶ船、湯船

江戸時代中期になると、庶民にもお湯に浸かる習慣が広まり始めました。しかし、銭湯の数は限られていて、街の中心部にしかありませんでした。

そこで流行したのが「湯船」です。川などを使い街はずれへと出向き、人々に銭湯を提供したのです。

国立国会図書館デジタルコレクションより

江戸時代も終わりの頃になると、銭湯の数も増え湯船サービスは下火となりましたが、言葉だけは残りました。ここから、浴槽のことを「湯船」と呼ぶようになったとされています。

もともとはサウナだった

ところで先ほど、庶民がお湯に浸かり始めたのは江戸時代中期と書きましたが、ではそれ以前はどうしていたのでしょう。

そもそも、お湯に浸かるという発想は、安土桃山時代に生まれたものです。それ以前までは、貴族でもお湯には浸からず、サウナのような蒸し風呂に入っていました。一方庶民は、水で体を洗う「行水」で済ませていました。

この2つの習慣が混ざったのが「お湯に浸かる」という方法で、これが現在のお風呂につながっているのです。

◇参考文献

この記事を書いた人

カワカミタクロウ

東大文学部、東大クイズ研のカワカミです。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

カワカミタクロウの記事一覧へ

連載企画